ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベル

看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。

看護師の人数の不足が問題視されているわが国にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを持ち続けています。

看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な試験です。

看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、仕事中に仮眠をとることが可能です。

国の指針では、月に8回までとされていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。

勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になりやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつと考えられます。

高齢化が進み、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。

また、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを実施しています。

このような時は、その企業の社員として入社するといったこともあることでしょう。

看護師のためだけにある転職サイトの中には、お祝い金があるところが存在しています。

転職することでお金をくれるなんてハッピーですよね。

ですが、お祝い金を出してもらうための条件が大抵はあるため、申し込む前にチェックをしっかりとしておくようにしましょう。

それから、お祝い金のないところの方がその他のサポートが良いこともあります。

看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリア開発としておくのが賢明です。

たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、負の動機であった場合、それだけで評価を下げることになりかねません。

要因として現にあったとしても真意は胸の内だけでよいので、できるだけ意欲的なイメージの志望内容を言えるように準備しておきましょう。

産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導などをしたり、うつ病防止のためのメンタルケアもします。

産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは無理かもしれません。

興味がある場合は看護師専用の転職サイトがありますので、それをご利用ください。

そういったサイトでは、産業看護師の求人も掲載されることが多いです。

看護師が転職する時のポイントは、辞めるより先に次の仕事を決定しておいた方がいいですね。

加えて、3ヶ月程掛けてじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。

急いで決めた仕事だと、次も辞めなければならなくなることもあるので、自分の条件に合う職場を注意深く確認し探すようにしましょう。

そのためには、自分の希望をハッキリさせることが重要です。

ナースが仕事を変える時のステップとしては、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を明らかにしておきましょう。

夜間に働くのは避けたい、オフはたくさんあるのがいい、できればお看取りの場は避けたい等、リクエストには個性があります。

看護職員の価値は市場では高い状態なので、合わないと思われる仕事場で頑張り続けることはありません。

修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。

結婚していて、子供のいる人は土日に休むことができたり、夜勤がないという職場を望んでいるものです。

病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。

看護専門職がよい時機に職場を移ろうと思うなら、大半の人は賞与が出てから退職するため、具体的には1月、6月がオススメです。

たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。

すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、転職情報が多くなる時まで控えるのがよいでしょう。