かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返していた日々

1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザといった病気に感染し、熱を出した後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状の現われるものがインフルエンザ脳症なのです。

インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残ってしまう場合もまれにあります。

私の子供がアトピーであると診断されたのは、まだ2歳の頃でした。

膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、皮膚科からはステロイドを処方されたのでした。

そうしてステロイドを2年と少し続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。

結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では共通していますが、ビフィズス菌にはそのことに加え、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作る能力があるのだそうです。

だから、ノロウィルス対策に効果的としているのですね。

このごろは、いろんな感染症についての話を聞くので、とにかく積極的に摂るといいと思います。

近年の研究でインフルエンザの予防には乳酸菌が高い効果を誇るということが分かり始めてきたのでした。

実際、インフルエンザというのはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。

常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力が上がって、インフルエンザの予防となったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。

ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私の経験によると、たくさん食べないと、大して、効果が感じられない気がします。

1日につき1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。

ヨーグルト愛好者にはいいですが、好まない人も、ジャムを入れたりして、できるだけ摂取するとよいでしょう。

乳酸菌シロタ株と言ったら、ヤクルトでしょう。

昔、白血病になり、闘病経験がある渡辺謙さんのCMをよく目にします。

見事に白血病を克服し、ハリウッドでめまぐるしい活躍をみせている渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、大きな効果が期待できそうな予感がします。

ご存知の通り、アトピーの改善には食事も重要と考えられます。

効果的な食事を意識することで健康的な肌へと改善することができるのではないでしょうか。

胃腸などの消化器系へ配慮して免疫力に影響がある成分としてヨーグルトと大豆食品などを毎日適度に摂取するとアトピーの改善に効き目があります。

以前から腸内環境をきちんと整えると肌の調子がよくなると聞いて、ヨーグルトをたっぷり食べていた私ですが、実を言うと、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。

「乳」とついていることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。

何となくちょっと恥ずかしい気持ちです。

インフルエンザの感染が判明すると学校などに5日間出席することができなくなります。

もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱は数日で治まるので、登校したいと思ってしまうかもしれません。

たとえ熱が下がっても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、うつしてしまう場合があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染を防ぐのに大切なことです。

この間、インフルエンザに罹患してしまって内科を受診しました。

どのくらいの潜伏期間なのか判然としませんが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいて感染したのだろうなと考えられます。

高い熱が3日続いていて辛い思いをしました。

インフルエンザは高い熱が続くので、通常ひくような風邪より苦しい思いをしますね。